著作権
Copyright

事前に取り決めをした使用範囲を超えての二次使用につきましては、原則としてオリジナル制作費の50%を上限とした「二次使用料・著作権管理料」が発生します。

著作権譲渡を前提とするご案件の場合はご相談ください。弊社では作家の権利である著作人格権保護の観点により、著作権は一部譲渡までとし、無断であらゆる改変は不可とさせていただいております。

作品には弊社クレジット表記をお願いいたします。詳しくは弊社スタッフにお問合わせ下さい。

漫画家とグラフィックデザイナーがブライダル向けのオリジナルコミックをお作りします

Icons from: www.comic-cube.jp

会社概要

特定商取引に基づく表記について

著作権

デザイナースタッフ

comiclogo02pink
sheetcopyright
著作権基礎知識

著作権とは、知的財産権(知的所有権)の種類で、特許権や実用新案権、 商標権といった産業財産権と、芸術、文芸、美術、音楽といった人間の思想、 感情を創作的に表現されたものを著作者(描いたり創った人)に、無断での使用や、販売を禁じるため、著作権法という法律で作品を保護している法律です。 著作権の適用は、絵の上手い下手などは無関係に、描かれた時点で著作権が発生します。

著作人格権は作品を描いた時点で、描いた人(ここではDio GRAFICO)に発生するのが人格権です。この人格権は、著作権とは違い譲渡はできません。

(1)著作権の種類

著作人格権は作品を描いた時点で、描いた人(ここではDio GRAFICO)に発生するのが人格権です。この人格権は、著作権とは違い譲渡はできません。

・複製権

著作物を印刷、写真、複写、録画などの方法により有形的に再製する権利。

・上映権

著作物を公に上映する権利 。

・公衆送信権

著作物を自動公衆送信、放送等、公に伝達する権利(Web上での公開等)

・伝達権

・展示権

公の場に著作物を公開することで、看板などはこの部類になります。

・頒布権

著作物を印刷した文房具などのグッズを販売する権利。

・譲渡権

著作物の原作品又は、複製品を公衆へ貸与する権利。

・貸与権

著作物の複製物を公衆へ貸与する権利。

(2)著作人格権の種類

・公衆権

著作物を印刷、写真、複写、録画などの方法により有形的に再製する権利。

・氏名表示権

著作物を公に上映する権利 。

・同一性保持権

著作物の内容又は、題号を自分の意に反して勝手に改変されない権利。

このページの先頭へ

COMIC CUBEは株式会社クレオ・アソシエイツの登録商標です。

Copyright © CREO ASSOCIATES Inc. All Right Reserved.

このページの先頭へ